ライフスタイル

今、最先端の感情解決メソッド。EmRes®️のエムレス・セルフ セミナーを受講しました。

オーストラリア ブリスベン。 Beauty – Mind – Body セラピストの ミカです。

ミカについてはこちら。

先日、今最新の感情解決メソッドである「EmRes®️」(エムレス)のセミナーを受講しました。

「EmRes®️」とは「Emotional Resolution(感情の解決)」の略だそうです。

私が今回受講したのは、自分自身で感情を解決できるエムレスのセルフケアメソッドのエムレスセルフ。

このセルフケアでは、困難な感情に対して自分でその感情をからだに留めることなく統合することが可能になります。

私も、2008年からオーストラリアでアロマセラピストの勉強をスタートしてセラピストになり、今ではさまざまな角度(ホーリスティックな面で)からクライアント様と向き合っていますが、今回受講したエムレスセルフは、人間として生活する上で切っても切り外せない「感情」との付き合い方を解決してくれる、「一番手っ取り早く、一番優しく、そして一番シンプルなやり方」と言われています。

「え?それでいいんですか?」と笑っちゃうほどシンプルですがこれがとてもパワフル。

1980年台からフランスで始まり、臨床実績もあるこのメソッド。

人生が、学びと遊びの発見と自己進化の連続の毎日になるように、新しい感情との向き合い方を楽しんでいこうと思います。✨✨✨

今ある幸せに感謝して、この大転換期の波をたやすく乗り越えていけますように。✨✨✨

今回「エムレスセルフ」の講義をしてくださった、福岡聖子さんのブログはこちらです。

聖子さんのブログ

ブログにはエムレスのセッションを受けた方の感想や、エムレスの詳細も掲載されています。✨✨✨

ライフスタイル

コロナの自粛期間中、気分の浮き沈みを防ぐために私がしたこと5つ。

オーストラリア ブリスベン。 Beauty – Mind – Body セラピスト、ミカです

現在、2020年8月。 ここオーストラリア、ブリスベンは南半球のため季節は冬です。

日中は比較的暖かく(室内温度20から23度)、タートルネックのセーターや軽いジャケットを着て外出をしますが日本の真冬に比べたらブリスベンの冬は比較的、過ごしやすい季節と言えるかもしれません。

昨日は、ちょうど仕事がひと段落したあとに歩いて5分ほどのところにある、リバーサイドのFellons周辺に久しぶりに行ってきました。

2019年オープンしたての頃のFellons

眺めの良い川沿いの場所で、ブリスベンのシンボルマークともなっているストーリーブリッジのすぐそばにあるFellons周辺は昨日は久しぶりに行ってみるととっても賑わっていて、びっくり。(笑)

確か2週間前までは、お店周辺は閉まっていてデッキに備え付けの椅子にも座ることは禁止。

芝生の上にも寝転がったりするのも禁止。と禁止づくめだったのですが、昨日は規制が緩和され大勢の人たちで賑わっていました。

もちろん、必要なソーシャルディスタンスは守りながら、皆さん楽しんでいましたよ。(テーブルに座れる人数制限や、名前や住所の登録などは必要。)

メルボルンでは現在感染者数がまた増えているのですが、ブリスベンはひとまず終息しつつある雰囲気です。

でも、手洗いやソーシャルディスタンスを保つなど、感染予防のための基本的な処置はこれから続けていかなくてはなりませんね。

まだまだ、気を抜けない状況であることは確か。

こんな状況の中、気持ちをズドーンと落ち込んでしまうと、いくらでも落ち込めるわけで。(笑)

落ち込んでいても普通に毎日は過ぎていき、暗くなるようなことを頭で考えていると良くないことを考えてしまう意識のパターンが形成されてしまうので(笑)、、、この自粛期間でできた時間を有効に使って、今だからできることにチャレンジしてみました。

では私がどんなことをしたか、簡単にシェアしたいと思います。

大きく分けて、5つ。

1、身体をもっと動かす!

ヨガアプリをダウンロード。  

短いセッションでもいいから、ヨガをして体と呼吸に意識を集中できる時間を作った。

夕方にリバーサイド周辺をウォーキング。

3月半ばから2、3週間は一歩も家からでれない状況だったので、家の周辺をウォーキングしても良くなってからは、軽いウォーキングをできるだけ毎夕実施。

2、料理をもっと楽しむ!

今まで楽しんで料理をしていなかった、ということではないですよ。(笑)

家に居る時間が増えたので、今まで作らなかった料理とかもYoutubeを見ながら作ってみたりとかして、もっと家で料理をする時間を楽しみました。

「ミカさん、料理するんですか?」って言われたことありますが、私は料理するのは結構好きです。(笑)

基本の料理をアレンジして、「あれとこれを、こういう風にしたら美味しいんとちゃうかなぁ。。。」と自分の味にして楽しみながら料理するのが好きです。

それと、作った料理をいつも「おいしい〜。おいしい〜。」と言いながらパートナーが食べてくれると、素直に嬉しいです。

また、なんかおいしいの作ろーって思いますね。 素直に。

時間がなくて、簡単なズッキーニのオムレツ(日本語で言うと、玉子焼きです。)なんかを作った時でも、、、「おいしい。おいしい。」と言って食べてくれて、「Thank you so much.」 と最後に言ってくれます。 

めちゃくちゃ簡単な料理でも、そう言ってもらえると普通に嬉しいですね。 ありがたいです。

喜んでもらえると、いろいろ今まで作ってなかったものも作ろうかなーっという気になって、この前は「アンコ」を小豆から煮て作っちゃいました。(笑) 

初めてアンコを自分で煮て作ったんですが、これがまた美味しくってびっくり。 なんだか最近、和菓子がマイブームになってます。 (え?結局、自分のために作ってんの?笑)

ということで、そのほかにも色々と料理を楽しみ中です。

3、興味があることにチャレンジする!

自粛期間中、オンラインで参加できる授業、コースを受講。

これが、この何処へも移動できない状況の中で、一番の恩恵だったと思うのですが、今まで現場へ出向いていかないと受講できなかった授業(コース)が、自宅にいながらにして受講できる状態に!

なので、このせっかくのチャンスを逃しては!と思い、勉強したかったコース(講習)をオンラインでとりまくりました。

(インプットする時間が増えたので、これからアウトプットしていかなくては!)

 

4、 日本にいる家族、友達とオンラインで連絡を取り合う

本当に今回つくづく思いましたが、無料で!顔を見ながら話をできるシステムが今は普通に使えるんですよね。 これはすごい。 

日本にいる親兄弟との連絡はもちろんですが、友人が他の同級生とも連絡をしてくれて、オンライン飲み会というものを実施してくれました、

考えてみたら、20年はあっていない友達と画面越しに近況を語ったりして、不思議な体験でした。

車を運転して家に帰るという心配がないので、逆に飲み過ぎてしまい、気づいたらボトル1本開けちゃったりして。 ちょっと反省しました。(汗)

今度はお酒じゃなくって、ノンアルコールを片手にお話をしないと。。。(また調子にのっちゃいそう。。。)

5、オンラインでできるセッションを開始

これは、実際には2年くらい前から実施したいなぁと思っていたことで、この自粛期間を機に少しずつオンラインでのセッションをスタートさせました。

(私以外にも、このコロナ自粛がきっかけでオンラインでのセッション、授業をスタートさせた方はたくさんいらっしゃると思います。)

オンラインでのセッションは、カードリーディング、コスモウェーブリーディング(サビアン占星学)などのセッションが主ですが、眉毛の描き方(メンテナンス)などのコンサルテーションも、ご要望があった方にオンラインで実施させていただきました。

私も、新たなチャレンジでしたのでオンラインではどうかなぁ。とセッション前は少しドキドキしながらのスタートでしたが、何でも実際に体験してみないとどんなものかわからないもの。

一つ一つの経験、セッションが私の次へのステップの大きな自信につながっていく。

そんなふうに感じています。

こんなふうに、簡単に5つほど私が実践したことを挙げてみましたが皆さんはどうですか?

自粛期間中に、今までの毎日の中に取り入れた新しいこと、今までとは違った考え方などありますか?